トップA

トップB

介護の資格を取るならシカトル!
▼▼▼▼▼▼▼

介護職員初任者研修は必要?

介護というのは資格がなくてもできることor仕事です。

本当にこの研修を受けて資格を得ることが必要なのかな?と思う方もきっといらっしゃると思います♪

ただ、考えてみてください。

もし、あなたが自分の親に誤った介護方法で接することで失敗を招いたり、仕事においてご高齢者の方に適切な方法でしっかり介護をしてあげたい、スキルアップを図りたいと考えるのならば、この資格は絶対に必要になってくる資格ではないかと私は考えます。

介護福祉士へのステップアップ

介護をすることを考える時にまず思いつく目標となる資格が国家資格となる介護福祉士。

それを取るための前準備としてこの研修は役に立ちます。

介護福祉士になるためには実務経験が5年および、実務者研修を修了している必要性がでてくるのですが……。

なんとこの介護職員初任者研修を受けていることで実務者研修の時間が短縮することができるんですよ♪

資格を取るということ

この介護職員初任者研修というものは、いわば介護の入門編です。この資格があるということは介護の基礎知識がある程度あるということが証明されます。それは自分自身の自信にもつながりますし、それは介護における相手を思いやる余裕にもつながります。

精神論になってしまいますが、人がほかの人を思いやるにはまず、自分の心の余裕がある必要があると私は思います。どうすればいいか分からず、心の余裕がない人に相手をおもんばかった介護というのは、難しいとは思いませんか?そのためには技術と知識といものが必要になると思いますよ!

なので、皆さんもぜひ資格を取ってプロとしての意識をもってみてください♪

介護の資格を取るならシカトル!
▼▼▼▼▼▼▼

トップA

トップB

サブコンテンツ

このページの先頭へ