トップB

トップA

介護の資格を取るならシカトル!
▼▼▼▼▼▼▼

介護で使える資格!

介護の資格は、介護職員初任者研修(旧 ヘルパー2級)以外にも沢山ある事をご存じですか?

このページでは、介護で使える資格を纏めてご紹介します。

 

・介護支援専門員(ケアマネージャー)

・介護職員実務者研修(旧 介護職員基礎研修)

・介護職員初任者研修(旧 ヘルパー2級)

・介護事務

・介護福祉士(国家資格)

・移動介護従業者(ガイドヘルパー)

 

この辺りが、介護職では代表的だと言われている資格達ですね。

他にも福祉関連の資格はこんなにたくさんあります。

 

・福祉住環境コーディネーター(1級~3級)

・行動援護従業者

・社会福祉士(国家資格)

・重度訪問介護従業者

・居宅介護従業者

・福祉用具専門相談員

 

資格を取得する事で得をするのは、貴方だけではありません。

介護職員へのニーズが高まってきている今、人材だけでなく仕事の質も高い物が求められてきています。

資格を取る事で介護職関連の勉強を必然できにする事になりますから、知識が深まり、よりお客さんの求める対応ができるようになるのです。

もちろんお客さんの満足度によってボーナスや月のお給料がUPする事も多々ありますし、資格を持っているだけで月のお給料に+○○円と決まっている所もあります。

せっかく介護の仕事をするのでしたら、自分もお客さんも得できるように頑張りましょう!

介護の資格を取るならシカトル!
▼▼▼▼▼▼▼

トップB

トップA

サブコンテンツ

このページの先頭へ